腰痛の原因を知ろう

腰痛のおもな原因

腰痛を大きく分けると、日常生活に原因があると考えられるものと、疾患が原因となるものがあります。


<<日常生活に原因があるもの>>

* 長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張
長時間座っている、立っている、中腰でいるなど、無理な姿勢を続けていると腰の筋肉が緊張して、時間の経過につれて筋肉が疲労し、血行が悪くなり腰に痛みが起こるようになります。


* 運動不足、筋肉退化による筋力低下
腰の周りにある筋肉(大腰筋・大殿筋・中殿筋など)の筋力が衰えると、腰の骨に負担がかかることになり、そこから腰痛を引き起こします。また腹筋や背筋は横隔膜とともに背骨を支える働きがありますが、腹筋や背筋の筋力が低下し、正しい姿勢が保ちにくくなると、腰の骨に負担をかけることになります。そして、骨盤の筋肉も姿勢を保つのに大きくかかわっています。これらの筋力の低下が、腰痛の要因となります。

* 過剰な動きや無理な負担
過度の運動によって筋肉は疲労し、徐々に緊張を強めて腰痛を引き起こします。また、腰に無理な力がかかるような動作を行うと、ぎっくり腰など急性の腰痛をまねくことがあります。


<<疾患が原因となるもの>>

代表的なのは、腰仙部挫傷(通称ぎっくり腰)、椎間板の一部が神経を圧迫して起こす椎間板ヘルニアです。他にも、過度な運動が原因となる脊椎分離症や、骨の変性などが原因となるすべり症、腰部変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症、骨がスカスカになる骨粗鬆症も腰痛を引き起こします。

また、腎結石や尿管結石、子宮筋腫、子宮内膜症、うつや自律神経失調症などの疾患でも腰痛が起こることがあります。


>> サイトTOPへ戻る

 

サイトマップ

光ファイバーQ&A