背骨のしくみと役割

背骨のしくみと役割

背骨(脊柱)の場所と名称背骨というのは、一本の長い骨ではなく「椎骨(ついこつ)」という小さな骨が積み重なるように集まり緩やかに前後にS字状にカーブしています。その椎骨と椎骨とのつなぎ目には「椎間板(ついかんばん)」というやわらかい組織があり、この椎間板がそれぞれの椎骨をしっかりとつなぐことで、背骨はしなやかに動くことができます。また椎間板はクッションの役目を果たして、外部からの衝撃や運動による衝撃、また体重の負担などが椎骨や脳に与える影響をやわらげています。

背骨は前後にゆるいS字状にカーブしていますが、このことによって人間は立ったり座ったりしているときに体重を支えたり、前後左右に上半身を伸ばしたり曲げたり、ひねったりすることができます。背骨は歩いているときに起こるからだの上下運動の衝撃を吸収し、脳へのダメージを防く役割も持っていますが、姿勢の悪い人は、この重心がずれてしまうため、腰の筋肉が常に緊張状態になり、腰痛を起こしやすくなるのです。

また背骨は肋骨とつながっていて、肺や心臓などの臓器を守っています。そして背骨の中は空洞になっていて、その中を「脊髄(せきずい)」が通っています。脊髄は、脳からつながっている中枢神経で、神経細胞と神経線維で成り立ち「生命の脳」とも呼ばれる重要な神経機能です。背骨はこの中枢神経を保護する役割も持っています。

このように背骨は、体を支える機能、衝撃を吸収する機能、神経の通り道としての機能を持つ、人間にとってとても大切な部分です。



>> サイトTOPへ戻る

 

サイトマップ

光ファイバーQ&A